中国 人形劇
観光・現地オプショナルツアー

人形劇

中国と台湾では、布袋劇(プータイシー)という人形劇が楽しまれています。その起源は17世紀にまでさかのぼり、中国と台湾を代表する人形劇として現代にまで伝わってきました。「布で作られた袋状の人形」という意味から、布袋劇(プータイシー)の名が付けられました。人形の頭部や手足は木製で、演出時にはその部分に手を入れ操作します。中国で人形劇が誕生した当初は、その内容は非常に簡素なもので即興劇が殆どでした。18世紀になると、題目によって演出されるようになり、内容としては、歴史小説などを題材にしたものが人気を博してきました。そして主役のその人形、とてもイケメンなことで有名です。端正な顔立ちが、劇全体にどこかミステリアスな雰囲気を漂わせるのです。中国には他にも、歴史のある人形劇がたくさんあります。精緻を極めた芸術を、心行くまでお楽しみください。

みんなのクチコミ VOICES