ドバイの昔にタイムスリップ!要塞や博物館を回る半日市内観光

  • 日本人ガイド
  • プラン調整可
  • 送迎付き
  • 1名催行可
  • キャンセル3日前まで無料
  • ツアートップ画像
  • ツアートップ画像
  • ツアートップ画像
  • ツアートップ画像
  • ツアートップ画像
おすすめポイント画像

POINT 1 文化的側面から見るドバイ。

豪華絢爛、キラキラ光る世界一づくしの近代的な街。今のドバイのイメージからちょっと離れた、昔ながらの景色を味わいましょう。最初に立ち寄る場所、アル・ファヒディ要塞の中は、博物館になっています。アル・ファヒディ要塞が建てられたのは1787年。市内最古の建造物なのです。まだドバイが小さな漁村だった頃から、この街を守ってきています。長年ドバイを守ってきただけあり、他の観光地とはちょっと異なる雰囲気が漂います。長く伸びた要塞、ところどころから突き出る大砲。1830年にドバイが建国されてから、貿易上重要な拠点として商人達の街となり、20世紀には油田が発見され、ぐっと近代化が進むまでの長い歴史を見てきた要塞です。そう考えると、はるか昔から変わらない場所に立っている自分、なんだか不思議な気分になりますね。

おすすめポイント画像

POINT 2 博物館ではドバイの歴史に楽しく触れる。

ドバイの歴史は、知れば知るほど面白い。アル・ファヒディ要塞の中にあるドバイ美術館は、蝋人形などが駆使されたリアリティあるその展示も面白いと人気のスポットです。ここで歴史についての考えを深めたらドバイの滞在はもっともっと楽しくなること間違いなしです。ドバイを大きく二分する川、ドバイクリークを走る船、「アブラ」の歴史はご存知ですか?油田が発見されてから、人々の暮らしはどう変わったのでしょうか?スークでの日用品の調達方法は?日本と全く違う文化のことだから、想像を超えることばかりでとっても楽しいんですよ。1971年より始まったこの博物館には、たくさんのストーリーがあります。歴史的なアラブの家の模型や、モスクの構造、市場はどんなものが売っているの?デーツ農家の実態とは?砂漠の終わりはどうなっている?漁村として豊かなドバイの海の人々の生活は?真珠採りはどうやってやるのでしょう?様々な疑問に楽しく答える展示です。

おすすめポイント画像

POINT 3 昔の人の気分で歴史的地区を散策。

要塞、ドバイ博物館がある地区は、アル・ファヒディ・ヒストリカル・ディストリクトと呼ばれ、アラビア湾のアラブ側に残る最後のウインドタワー地区と言われています。ウインドタワーとは、昔のエアコンのことです。まだエアコンが存在しない時代、家の上にウィンドタワーと呼ばれるタワーを建てました。360度どこからでも風が入るような構造で、冷たい空気が下に降りてくるので、部屋が涼しくなるという構造です。そんな昔のものが今でも残り、使われている地区がこの、ヒストリカルディストリクトなのです。ここには昔裕福な人々が住んでいたことから、家の周りは粗いものの丈夫な壁で囲まれ、ちらっと垣間見える中庭には快適な日陰や丁寧に施された装飾を見ることができます。昔のドバイにタイムスリップしてみましょう。カフェやお土産物やさんもあるので、一休みやショッピングも可能ですよ。

ツアーの流れ

ホテルにて待ち合わせ 宿泊先ホテルへお迎えにあがります。ご予約時に宿泊先ホテルをお知らせください。 ツアーの流れ画像
要塞へ アルファヒディ要塞へ移動します。要塞の中は博物館。昔のドバイについて、あっと驚くことをたくさん知ることができますよ! ツアーの流れ画像
昔ながらの街を散策 アル・ファヒディ・ヒストリカル・ディストリクトで散策。昔ながらの建築をみるのもよし、風を感じながらカフェでまったりもよし。お土産も買うことができるので、お気に入りの小物を発掘するのも素敵ですね。 ツアーの流れ画像

プラン情報

ツアーに含まれるもの
・往復交通費
・博物館入場料
・日本語ガイド代
最小催行人数
1 人
持ち物
・水分補給用の飲料
キャンセルポリシー
ツアー催行日(日本時間)から起算して3日前までのキャンセル:無料
2日前以降のキャンセル:ツアー代金の100%。当社キャンセルポリシーに基づき代金の払い戻しが出来かねます。
ツアーガイドプロフィール画像

このツアーのガイド

Yuri

4.00

最低価格保証
最低価格保証
10,000 円/人

ドバイ 4時間

ツアーお申し込み

参加人数
参加希望日
予約可能
×
空きなし
残りわずか
開催なし

合計金額

10,000 1人あたりのツアー料金 × 人数

※別途システム手数料8%が上乗せされます
※申込時点では料金は発生致しません

近くのツアー NEARBY TOURS

ドバイの昔にタイムスリップ!要塞や博物館を回る半日市内観光

お申し込みはこちら