プラハを歩いて共産主義と平和を考える

  • プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの画像
  • プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの画像
  • プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの画像
  • プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの画像
  • プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの画像
  • プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの画像
プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーのイチオシポイント画像

POINT 1 肌で感じる共産主義とは?

共産主義とはなんでしょうか?それはすべての国民が平等に暮らすことを目的とした政治体制で、日本のような資本主義と反対にあるといえるものでしょう。差別や偏見もなく、すべての人々が平等に幸せに暮らせるなんて、天国のように聞こえますが、現在世界に残る共産主義国家は中国、北朝鮮、キューバ、ベトナム、ラオスの五カ国のみになっています。なぜそんな幸せそうな共産主義が世界で主流になることができなかったのでしょうか。それはひとえに、理想と現実の差と考えられると思います。平等になることは、そのぶん人々や会社などが競争意識を持ってはいけないわけで、国家の成長を妨げます。また高々と掲げられた理想は、人間の私利私欲を押さえつけることができなかったともいえるでしょう。しかし21世紀現在、資本主義社会に生きる私たちは格差や大量生産、大量消費による環境破壊など、資本主義ならではの数々の問題に直面しています。そして今、共産主義について見つめ直す動きも出てきています。そんな今だからこそ、共産主義を学ぶべきときではないでしょうか?現在のチェコ共和国を含む、東ヨーロッパ地域は歴史的にロシアに強い影響を受けていました。そしてロシア革命によって、ロシアだけではなく東ヨーロッパ地域の国々にもその共産主義の思想は広まりました。今回は共産主義と資本主義のはざまで、歴史的舞台となったプラハの町でその歴史をたどります。

プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーのイチオシポイント画像

POINT 2 「LOVE&PEACE」を感じるジョン・レノンの壁♪

みなさんは「平和」と聞いてなにを思い浮かべるでしょうか?私はちょっと変かもしれませんが、ジョン・レノンという存在を思い浮かべます。彼は世界的ロックバンドザ・ビートルズの中心メンバーです。ビートルズは、ギネスに最も成功したグループアーティストとして、認定されているほどですが、ジョン個人でもかなり有名なのです。彼はビートルズの解散後1980年12月8日に暗殺されるまで、「LOVE&PEACE(愛と平和)」を掲げた平和運動を行っていました。平和を歌った「Imagine」という歌はあまりにも有名すぎますよね。そんな彼が暗殺されたニュースが流れた日、世界中に衝撃が走りました。それは日本でもそうであったし、またここプラハでも同様でした。そこで登場するのがジョン・レノンの壁とよばれるものです。この壁はプラハ市内のカンパ島にあります。ジョンが暗殺されたその日、プラハの一人の青年が彼を弔うために、その壁にジョンの名前と一つの十字架を描いたことがジョン・レノンの壁の始まりと言われています。それからは世界中から集まる、ジョンを、愛を、平和を愛する若者たちが各々のメッセージを書き残したり、ポップなアートを描くなどして、埋め尽くされています。ジョン・レノンの妻であり、日本人のオノ・ヨーコさんもここを訪れメッセージを書き残しています。ジョン好きにはたまらないスポットですね。ぜひあなたもその一人になりませんか?

プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーのイチオシポイント画像

POINT 3 【プラハでしかできない!?】共産主義と愛と平和を一挙に感じる!

共産主義。みなさん一度は学校で習うものでしょう。私たちとは違うものであり、触れてはいけないもののような印象を抱きがちですが、その体制下に暮らす人々はどのような生活を送っていたのでしょうか。日本でも共産主義を学ぶことはできますが、それは決して生の共産主義とは言えないでしょう。百聞は一見に如かずとよく言います。本当にその通りで、プラハで感じる共産主義の印象は少し変わったものになるかもしれません。旅の醍醐味とはまさにこの違いにあるのではないでしょうか。教科書で学んだことと違う、ガイドブックに載ってる内容と違う。そんな発見をしたときに旅の良さを感じるはずです。今回のツアーは共産主義と平和という大きく重いテーマを学ぶスタディツアーです。プラハでの共産主義に反抗した革命「プラハの春」において重要な役割を果たした人物のデスマスクや革命犠牲者の慰霊碑などをめぐり、それに加え、ジョン・レノンの壁にも訪れる、見どころ盛りだくさんのツアーとなっています。密度の濃い時間を過ごし、今後の人生の糧となること間違いなしのおすすめツアーです!

ツアーの流れ

集合 プラハ市内ホテルまでお迎えにまいります。ご予約時に宿泊先をお知らせください。 プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの流れ画像
プラハ市内を散策 ウェンセスラス広場、 コトヴァ(ショッピングセンター)、 革命通り、 ヤン・パラフ広場、「プラハの春」慰霊碑など
現地日本語ガイドがしっかり説明、ご案内いたします。"
プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの流れ画像
プラハ市内レストランにてランチ お好きなレストランでお好きなメニューをお楽しみいただけます。
プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの流れ画像
プラハ市内を散策 カンパ島、ジョン・レノンの壁など。ぜひ記念にメッセージやアートを残しましょう!ジョン・レノンの壁では若者がよくビートルズやジョンの歌を歌っています。最高の時間になること間違いなしです。 プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの流れ画像
ホテルまで徒歩で移動 美しい街並みと、今日見たものの余韻で一瞬に感じると思います。 プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの流れ画像
解散 ホテル到着で現地ガイダンスは終了となります。たくさん歩いて、たくさん考えてお疲れでしょうから、しっかり休んで残りのプラハ滞在を満喫してください! プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーの流れ画像

プラン情報

ツアーに含まれるもの
日本語ガイド料金
ツアーに含まれないもの
昼食代
最少催行人数
1 人
持ち物
カメラ
備考
一名様でのご参加料金は9000円となります。
キャンセルポリシー
ツアー催行日(日本時間)から起算して3日前までのキャンセル:無料
2日前以降のキャンセル:ツアー代金の100%。当社キャンセルポリシーに基づき代金の払い戻しが出来かねます。
プラハを歩いて共産主義と平和を考えるのツアーのガイドの画像

このツアーのガイド

公式

4.8

タビタツ公式アカウントです!タビタツ公式のツアーは、複数のガイド様によって催行されており、よりお客様にあったガイド様をご紹介いたしております。ご不明点などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。

最低価格保証
5,000
円/人

プラハ 6時間

ツアーお申し込み

参加人数
参加希望日
予約可能
×
空きなし
残りわずか
開催なし
合計金額
5,000 ※団体料金 ※お一人様料金
  • 大人 18,000円 × 2
  • 子供 15,000円 × 1
円 ×
※このツアーは現在開催しておりません。

申し込み後すぐに予約が確定します

※別途システム手数料8%が上乗せされます
※申込時点では料金は発生致しません

プラハのツアー一覧

プラハ 市内観光 のツアー一覧