《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!

エリアランキング1位
  • 日本語ガイド
  • プラン調整可
  • 団体受付可
  • キャンセル3日前まで無料

今話題の人気スポット アンテロープ・ロウアーキャニオンと世界遺産 グランドキャニオンを日帰りでまわる充実した人気ツアーです。

  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
  • 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの画像
《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーのイチオシポイント画像

POINT 1 アメリカで最も写真撮影がされる場所「アンテロープキャニオン」

今、話題の「アンテロープキャニオン」はアメリカで最も写真撮影がなされる場所と言われます。その地をご自身の目に焼き付けられるなんて、とっても贅沢ですよね。冒険好きには堪らない「ロウアーアンテロープキャニオン」を周り、世界中の旅行者の憧れの地「グランドキャニオン」を目指します。※当ツアーでは「アッパーアンテロープキャニオン」には立ち寄りを致しません。

《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーのイチオシポイント画像

POINT 2 通常日帰りでは観られない「グランドキャニオン」の横顔

グランドキャニオンでは、通常日帰りツアーでは行く事ができない東側からの顔を臨むことができます。どんな壮大な景色が待ち構えているのか楽しみですよね♩当ツアーは日帰りにも関わらず、旅行者の必見ポイントを押さえた充実企画です。滞在期間の短い方には特にお勧めです。

《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーのイチオシポイント画像

POINT 3 光のビームを見逃すな♩神秘的な大地の恵みを五感で堪能!

アンテロープキャニオンでは、ビームと言われる光が差し込む絶景が大変素晴らしいです。ロウアーアンテロープキャニオンは光が入り易く、また高低差が30メートル以上あり、そのアドベンチャー要素が旅行者さんに大変楽しまれています。神秘的な大地の恵みを五感で堪能しましょうね!

ツアーの流れ

ホテルにて待ち合わせ ホテルにて待ち合わせします。ご予約時に宿泊先ホテルをお知らせ下さい。ユタ州のハリケンで休憩し、アリゾナ州 ページにあるアンテロープキャニオンに到着します。 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの流れ画像
アンテロープキャニオン ナバホの言葉で「水が岩を流れる場所」という意味のアンテロープ・キャニオン。 隆起した台地を流れていく水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たのがこの造形なのだとか。砂漠気候のため、周辺一帯は乾燥しています。 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの流れ画像
ロウアーアンテロープ アメリカ先住民ナバホ族によるロウアーアンテロープツアーに参加します。ロウアーアンテロープはアッパーアンテロープほど手が加えられていないため、冒険好きにはたまらないアスレチック要素のある観光となります。お楽しみに♩ 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの流れ画像
デザートビューポイント 宿場街キャメロンにて休憩をはさみ、グランドキャニオン国立公園サウスリムの東端にある「デザートビューポイント」へ向かいます。写真にあるのは「ウォッチタワー」見張り台をイメージしています。カフェやお土産やさんが充実しているのでショッピングも楽しめます♩ 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの流れ画像
19:00 ヤバパイポイント ヤバパイポイントは唯一柵が無い、大迫力のワクワク地点です。180度視界が拓けているので写真も綺麗に撮影することができます。入場無料のヤバパイミュージアムセンターではグランドキャニオンの歴史や地質などを学ぶことができます。 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの流れ画像
19:00 ラスベガス到着、ホテルへ グランドキャニオンを出発後は、アリゾナ州 キングマンにて小休憩をはさみ、ラスベガス内ホテルへお送りします。長旅お疲れ様でした。ゆっくりお休みくださいね♩ 《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーの流れ画像

プラン情報

ツアーに含まれるもの
【代金に含まれるもの】
日本語ガイド料金
ランチボックス
車両料金
アンテロープキャニオン入場料
グランドキャニオン入場料

【代金に含まれないもの】
現地での飲食代・お土産代
最小催行人数
2 人
持ち物
カメラ
スニーカー
動きやすい服装
備考
アンテロープキャニオンが天候などにより、入園ができない場合、代わりにホーシュシュベンドを案内します。またその場合、入園料は現地にて返金しますが、ツアー費用は返金しませんのでご了承下さい。

グランドキャニオンも、悪天候のため景色が見えない可能性がありますが、この場合もツアー費用の返金は致しかねますのでご了承下さい。

当ツアーでは「アッパーアンテロープキャニオン」には立ち寄りを致しません。
よくある質問
ツアー時間は15時間程度を予定しています。
長旅となりますので水分を沢山摂ってご参加下さいね!
キャンセルポリシー
ツアー催行日(日本時間)から起算して3日前までのキャンセル:無料
2日前以降のキャンセル:ツアー代金の100%。当社キャンセルポリシーに基づき代金の払い戻しが出来かねます。

開催場所

《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!のツアーのガイドの画像

このツアーのガイド

Takahiro


最低価格保証
最低価格保証
35,000 円/人

ラスベガス 14時間

ツアーお申し込み

参加人数
参加希望日
選択された日はピーク料金(x1.1)となります
合計金額
35,000 ※団体料金 ※お一人様料金
  • 大人 18,000円 × 2
  • 子供 15,000円 × 1
円 ×

※別途システム手数料8%が上乗せされます
※申込時点では料金は発生致しません

ラスベガスのツアー一覧

《ラスベガス発》アンテロープとグランドキャニオンの必見ポイント日帰りで巡り尽くそう!

お申し込みはこちら