" />

【選んで楽しい、もらって嬉しい♩】ケアンズの人気お土産10選

ショッピング
56views

世界遺産に選ばれたグレートバリアリーフに世界最古の熱帯雨林キュランダを持つケアンズ。世界の人気観光都市ランキングでも上位に選ばれており、毎年「南国気分」を味わいたい多くの観光客でにぎわっています。

グレートバリアリーフでのダイビングなどケアンズ旅行を満喫した後、最後に待つ醍醐味といえば、やはりお土産選びではないのでしょうか。

相手に心から喜んでもらえるお土産選びはなかなか難しいもの。そこで今回は、ケアンズならではのおすすめお土産を紹介します!定番のお土産はもちろんのこと、まだあまり認知はされていないけれど、実はセンスが輝くケアンズならではのお土産も紹介するので、お見逃し無く♩

ばら撒き土産に!大人数向けのお土産2種

Tim Tam

オーストラリアのノッツ社が1963年から製造・販売しているチョコレートビスケット菓子「Tim Tam」さくっと香ばしいビスケットの中にたっぷり入った濃厚クリームの美味しさにTim Tamファンが急増中!日本でも購入できるため、見たことがある方も多いかと思います。

そんなTim Tamですが、地元のスーパーでは安い時でA$1.99(約170円)と非常にリーズナブルな上に小分けができるのでばら撒き土産にピッタリ◎現地でしか買えない新作商品もあるので要チェックです!

オーストラリアと言えば「Tim Tam」と言っても過言ではないくらい絶大な人気を誇る商品なので、オーストラリアに行ったからには必ず買いたいところ♩あとで紹介する「トワニング」や「キュランダフォレストコーヒー」との相性もバッチリ◎セットでプレゼントしても喜ばれますよ!

トワイニングのオーストラリアン・アフタヌーンティー・バック

イギリスからの移民が多い、オーストラリアは紅茶の種類が非常に充実している国でもあります。その中でもトワイニングの紅茶は「英国王室御用達高級紅茶」として有名でありながら、そのお値段は10パック入りでA$2.50前後ととってもリーズナブルなのが特徴です。

数あるトワイニングの紅茶の中でも、特におすすめしたいのがオーストラリア限定フレーバーである「オーストラリアン・アフタヌーンティー・バック」です。名前にオーストラリアが入っているのはもちろんのこと、オレンジ色のパッケージがとってもCUTE!可愛い見た目と確かなお味がお土産に人気の理由の1つです!

個性が光る?!変わり種土産2種

変わり種ジャーキー

ジャーキーと言えば、日本ではビーフジャーキーが有名ですが、オーストラリアではカンガルーやワニ・エミューといった日本では見たことがないジャーキーが手に入ります!その中でも一躍話題となったのが「カンガルージャーキー」です。

クセが無く淡白な味わいで食べやすいとのこと。ビールとの相性がバッチリなのでお酒が好きな方へのお土産にピッタリですよ◎

但し、ジャーキーは検疫が厳しいので確実に日本に持って帰るのであれば、免税店での購入がおすすめです!

クイックミルク

オーストラリア生まれのクイックミルクは、ストローの中に味付きの粒が入っていて、そのストローで牛乳を飲むといちごやバナナ・チョコレートなどといったあまーい味が牛乳につくちょっと面白いストローです。

牛乳が嫌いな子供もクイックミルクを使ったら牛乳を飲めた!という話も聞くので、子供がいる方のお土産に渡すと喜ばれそうですよね。

大人に喜ばれる!お土産4種

キュランダコーヒー

アサートン高原で育てた世界一のアラビカ豆をキュランダにあるお店で焙煎した100%地元産のオリジナルコーヒー豆「キュランダフォレストコーヒー」

高品質で希少価値が高く、あまり市場には出回らないため、知る人ぞ知る「本当に美味しいコーヒー」として有名です。

コクあるお味と選べるフレーバーも人気の理由の理由の1つ!コーヒーが好きな方へのお土産に、いかがでしょうか。

アボリジニアート

色鮮やかなアボリジニアートは見る人を魅了する不思議な魅力を持っています。アボリジニアートが描かれたアボリジニ工芸品、特にブーメランやマグカップはお土産としても大変人気を集めています。

1つ1つ絵柄が違い、個性豊かなアボリジニアートはお土産を選んでいる時間すらも楽しくなること間違い無し♩

スタビークーラー

スタビークーラーとはお花見やBBQなど野外でパーティーを楽しむ時に役立つ保冷用缶ホルダーです!お土産屋さんには大抵置いてあり、1つA$2〜5と非常にリーズナブル!絵柄も多種多様で、いかにもオーストラリアといった絵柄もあるのでお見逃しなく。ビールが好きな方にプレゼントすると、とっても喜ばれますよ! 

エコバック

かわいい!おしゃれ!軽い!かさばらない!とお土産に人気の理由が勢揃いしたエコバック。1つA$1〜A$3というお財布に優しい価格も嬉しいポイントですよね。

オーストラリアではColesWoolworthsのエコバックが大人気!柔らかいブラウン調のエコバックは麻と綿がミックスされており、とっても丈夫◎買い物にはもちろんのこと、普段のお出掛けにも使える便利な商品です!

身体に優しい天然素材のお土産2種

オーガニック大国であるオーストラリアでは天然素材で作られた基礎化粧品やコスメをはじめに、食料品などがたくさん売られています。

オーガニック商品の安全性を気にされる方もいるかと思いますが、オーストラリアのオーガニックに対する基準は極めて高く安全性が高い商品ばかりなので安心◎日常生活にこだわりがある方に渡しても喜ばれるお土産を紹介します。

ホホバオイル

オーストラリアのゴールデンホホバオイルは人間の皮脂に成分が似ており、浸透力と保湿力がとにかく抜群!更にビタミンやミネラルが含まれていることから、しわやたるみ・くすみにも有効なのが嬉しいポイントです◎

その中でもティーツリーを使用したアロマオイルやローションはお土産にも大人気!しっとり優しい香に癒されます。女友達や彼女へのお土産にいかがでしょうか。

はちみつ

オーストラリアではマヌカハニーは薬として広く親しまれており、風邪を引いた時や元気が無いときにはマヌカハニーをなめるそうです。日常的に利用されることもあり、日本よりも格安で手に入れることができます!

瓶タイプのマヌカハニーが定番ですが、荷物がかさばるのが気になる方であれば、キャンディータイプもあるのでこちらをおすすめですよ。

お土産を買うときの注意点

海外旅行に行ったらついつい買ってしまうお土産。でも、海外で購入した物全てを日本に持ち込める訳ではありません。税関で持ち込んではいけないお土産が見つかり、みっちり怒られる可能性も無きにしも非ず。

せっかく時間とお金をかけて購入したお土産が日本に持って帰れない!とならないよう、持ち込めないお土産を事前に把握しておくようにしましょう。

液体物の持ち込み

どの航空会社も共通して、国際線を利用する場合、100ml(g)を超える容器に入ったあらゆる液体物は、航空機内への持ち込みが禁止されています。

持ち込む手段としては、以下2つ

  1. スーツケースに入れて、カウンターに預けておく。
  2. 100ml(g)以下の容器に入った液体物かつ、容量1リットル以下のジッパーの付いた再封可能な透明プラスチック製袋に、余裕を持って入れておく。

確実に日本に持ち帰るのであれば、スーツケースに入れてカウンターに預けておく方が安心だと言えるでしょう。

ハムやソーセージなどの加工食品

現在、多くの国で家畜の病気が発生しています。また、おみやげや個人消費用のものは検査証明書の取得が難しいため、ハムやソーセージなどといった肉製品や動物由来製品のほとんどは、日本へ持ち込むことができません。

持ち込む手段としては、以下3つ

  1. 購入するお店で動物検疫の対象かどうかを確認する。対象外であれば購入しても大丈夫かと思います。
  2. 輸入が停止・禁止されていないことを確認する。該当した場合、素直に諦めましょう。こっそり持ち帰ると場合によっては処罰を下される場合もあります。
  3. 検査証明書の取得。オーストラリアでは日本向けに検査証明書を添付して売られている商品があるので、こちらを購入すれば安心です。

日本では、例えお土産や個人の消費用であっても持ち込みが禁止されている商品が多々あります。「買ったものの、持ち帰れなかった。」といった悔しい思いをしないためにも事前に下調べを怠らないように気を付けましょう。

お土産を買うならどこがおすすめ?

急速な発展を続けるケアンズ市内ではお土産を買えるお店が10店舗以上あります。その中でも特におすすめしたいのが、ケアンズ最大規模の巨大なショッピングセンター「ケアンズ・セントラル」と比較的リーズナブルな価格を売りとする「ナイトマーケット」の2店舗です。ぜひケアンズに行った際は、利用してみてください。

RECOMMEND ケアンズのおすすめ記事

RELATED ARTICLES ショッピングカテゴリの関連記事