" />

セブ島旅行の行き方や値段を徹底解説!安い時期はいつ?

航空券・移動
298views

日本からアクセスも良く、リゾート観光地として大人気のセブ島。日本⇄セブ島を結ぶ飛行機も増えてきており、有名航空会社からLCCまでそれぞれが便を就航させています。

そんなセブ島への日本からの行き方や飛行機の値段/時間をまとめて紹介していきます。合わせてセブ島へ行く安い時期やお得なマル秘情報もぜひ参考にしてください。

セブ島への行き方

日本からセブ島へは比較的、簡単に行くことができます。日本とセブ島を繋ぐ安価な直行便が複数出ており、海外旅行のときに面倒な乗り換えもすることなくセブ島へ行けます。

日本からセブ島へ行くためにかかる時間は、片道4〜5時間と海外旅行としては短い所要時間で行くことができます。またセブ島と日本の時差はたった1時間しかありません。リゾート地にしては短時間で行け、時差の面も含め身体への負担が小さいことも人気の理由の1つです。

またセブ島には空港がセブ・マクタン国際空港の⼀つしかないので、迷うことなく航空券を手に入れることができます。航空券の確保も心配することなく、安心して日本からセブ島へ行くことができます。

セブ島への行き方 直行便編

セブ島への直行便ができたおかげで日本からセブ島へはとても簡単に行くことができるようになりました。日本からセブ島へ出ている直行便は、現状では下記の3社となっております。

・フィリピン航空

・バニラエア(LCC)

・セブパシフィック航空(LCC)

フィリピン航空だけがLCCではありません。他の2社と比較するとLCCではないフィリピン航空のほうが対応、サービスはやはり良いと感じる人が多いす。

セブ島への直行便はほとんどが成田空港発着となっております。フィリピン航空だけは関西国際空港からも直行便を出しているので、西日本の人も気軽にセブ島へ行きやすいです。

セブ島への直行便の時間帯

LCCや安い飛行機で行く場合、早朝出発や深夜での出発が多いイメージがありますが、日本からセブ島へ行くLCCの時間帯はどのようになっているのでしょうか。

各社直行便の発着の時間帯はこのようになっております。

・フィリピン航空(毎⽇2便)

成⽥ 09:35 → セブ 13:35

成⽥ 14:40 → セブ 18:40

セブ 08:00 → 成⽥ 13:40

セブ 14:45 → 成⽥ 20:30

・フィリピン航空(関西空港) (週 4便 ⽉/⽊/⾦/⽇)

関空 15:25→セブ 19:10 着

セブ 09:15→関空 14:25 着

フィリピン航空は主流なセブ島への行き方となっています。フィリピン航空の関西発着は曜日固定で限られた日しか就航しておりませんので気をつけてください。

・バニラエア(毎⽇1便)

成⽥ 10:30 → セブ 14:30

セブ 15:30 → 成⽥ 21:10

・セブパシフィック(週4便 ⽕/⽊/⼟/⽇)

成⽥ 12:05 → セブ 16:20

セブ 05:50 → 成⽥ 11:20

※2017 年 11 ⽉時点の情報ですので、改正の可能性があります。

日本⇄セブ島の直行便は早朝や深夜の時間帯ではなく、日中の時間帯に発着時間が集中しています。日中の時間だからこそ飛行機の搭乗時間に寝坊で間に合わないなどのリスクも少なく、生活リズムを崩すことなく搭乗に向かうことができるので、時差ぼけも疲れもなく存分にセブ島を楽しみやすいです。

セブ島への直行便の値段

時差もあまりなく、日本から4~5時間で行くことができるセブ島へはいったいいくらで行けるのでしょうか。ここからは直行便を出している3社の値段の比較をしていきたいと思います。
※便の値段に関しては、シーズンや曜⽇、予約時期、それぞれの埋まり具合などによりますので、⽬安となります。

バニラエア、セブパシフィックだと往復 45000~65000 円ほど。

フィリピン航空往復50000~80000 円。

バニラエアとセブパシフィックはLCCなので、安価な値段での提供が可能となっております。フィリピン航空とバニラエア、セブパシフィック(LCC)の値段もそこまで変わりません。

このフィリピン航空では、値段の安さもそうですがANA とのマイル提携を⾏っていて ANA マイルが貯められますので、ANAのマイルを貯めている方にはとってもお得なセブ島への行き方となっております。

LCCとレガシーキャリアの違いってなに?

ここでなぜバニラエア、セブパシフィックなどのLCCとフィリピン航空などのレガシーキャリアではサービスや対応が違うのか。ここではLCCとレガシーキャリアの違いをそれぞれメリットとデメリットをあげながら説明していきます。

【LCCのメリット】

・運賃が安い

・片道でも安く購入できる

・最低限のサービスだからこそ添乗員等に話しかけられることが少ない。

【LCCのデメリット】

・機内食、飲み物、毛布等機内サービスが有料

・預ける荷物が有料

・欠航時の保証がない

【レガシーキャリアのメリット】

・機内サービスの充実、無料

・預ける荷物が無料

・欠航時や遅延時等の保証がしっかりしている。

【レガシーキャリアのデメリット】

・運賃が高い

・人が多いため乗客の乗り降りに時間がかかる。

・混雑が予想しやすく、遅延しやすくなっている。

LCCは値段を抑えることはできますが、その分機内食などの追加サービスは有料になってしまいます。レガシーキャリアとLCCでもっとも差がつくサービスは、欠航時などの保証の違いと言えるでしょう。

予算やスタイル、好みの時間帯に合わせて行き方を選びましょう。

セブ島への行き方 経由便編

日本からセブ島への経由便で行く方法も多いです。経由便ではマニラのニノイ・アキノ国際空港での乗換えとなることが多く、東京からマニラまで は5 時間ほどで行くことができます。経由便のメリットは、乗換え地のマニラで時間を使い観光や遊ぶことができることと直行便よりも値段を抑えられることです。時間が許すならマニラとセブ島を観光しフィリピンを存分に楽しむこともおすすめです。

別の国を経由してセブ島へ。

日本からセブ島へ行くには何もフィリピン、マニラだけが経由地ではありません。マニラ、フィリピン以外の違う国も経由地として利用することによって観光の幅が広がります。そんなマニラ、フィリピン以外の他国を経由する便で人気なのはこちらになっております。

・⾹港経由のキャセイパシフィック

・韓国経由の⼤韓航空

⼤韓航空は関⻄からも出ております。

日本からセブ島へ行くだけでなく、香港や韓国もこの経由便を利用すれば楽しむことができます。せっかくの海外旅行、直行便でセブ島を満喫するのもいいですが、経由便を使い他の国も楽しんでみるのも1つの手かもしれません。1回の海外旅行で2回、3回分海外旅行を楽しんでみませんか。便の値段がより安くなる場合が多いです。

セブ島旅行の安い時期

セブ島は亜熱帯気候のため、気温がほぼ変わることなく1年中を通して快適な海やリゾートを楽しむことができます。つまり1年中いつ行ってもセブ島を満喫することができるのです。

しかし、今回はそんな1年中楽しめるセブ島のなかでも、いつの時期が人気で普段に比べて料金が高いのか、逆に安くいくことができる穴場な時期のセブ島はいつなのかを紹介したいと思います。

セブ島旅行が人気な時期

日本人の多くが海外旅行、セブ島旅行に行くシーズンは夏休みなどの長期休みと重なる8~9月・2~3月・年末年始に集中しています。3月と8月がもっとも人気の時期です。セブ島では7〜9月では台風シーズンとなっており、急なスコールや一時的なゲリラ豪雨といった天候が荒れやすくなるときもあり、3月と8月の渡航者の差がそこまでないです。

また年始である1月は第3週にセブ最大の人気のお祭りシヌログフェスティバルがあり、日本人だけでなく多くの外国人がセブ島を訪れます。そのため1月もセブ島はとても人気がありちょっとお値段も高くなってしまいます。

セブ島の穴場な安い時期は?

これに比べて来訪者が少なくなり、普段より少し安くセブ島を堪能することができる時期は、GWを除く4~7月と10~11月となります。この辺りは観光客も比較的少なく、より安い値段でセブ島に行ける時期となります。

4〜5月は雨もほとんど降ることがなくセブ島のなかでも最も暑い時期となっているので、ビーチや海中で魚との触れ合いができるアイランドホッピングやカワサン滝などがとても気持ちよく楽しむことができます。

1年中いつでも楽しむことができるのはセブ島の魅力です。

セブ島の行き方まとめ

観光や留学で注目度が増しているセブ島。セブ島への行き方は、直行便・経由便ともに充実しています。東京/関西からそれぞれ日中に直行便が出ているので、身体への負担なく気軽に旅行へ行きやすいです。

日本人観光客が少なくなる時期を狙えば、より安くセブ島旅行に行くこともできます。それぞれの特徴に応じた、行き方を選んで、セブ島観光を満喫しましょう。

セブ島アクティビティで人気のツアー紹介!

ジンベイザメツアー一覧

アイランドホッピングツアー一覧

ボホール島ツアー一覧

RECOMMEND フィリピンのおすすめ記事

RELATED ARTICLES 航空券・移動カテゴリの関連記事